引越ししたら洗濯機のアースはどうする?接続しないとダメ?

突然ですが、「引越ししたら洗濯機のアースはどうする?接続しないとダメ??」と困っていませんか?

  • そもそもアースって何のためにあるの?
  • アースの取り外し方は?
  • アースの取り付け方は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

【関連記事】洗濯機の引越し【元引越し屋が語る】激安方法もあり

そもそもアースって何のためにあるの?

99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_s

アースには2つの大切な役目があります。

  1. 家電製品による感電から人を守り、雷による過電流を防止して火災を防ぐ
  2. 電磁波や静電気により家電製品の動作が不安定にならないようノイズの遮断と抑制をする

洗濯機や冷蔵庫などの水に触れる家電製品には必ず緑色または黄色のアース線が付いています。万が一電気製品から漏電があった場合、アース線を接続していれば電気を外部に逃がすことができるので、感電や火災を防げるのです。

アース線の役目を知らないと「別に接続しなくても洗濯機は使えるからいいよね」と安易に考えてしまうものですが、この判断はとても危険です。アースが何のために接続されているかを理解することから始めましょう。

電気というのは水を伝って流れていく性質があります。だからこそ濡れた手で触る可能性がある洗濯機は特に危険なのです。アース線に対して正しい認識を持ち、正確に接続して安全な状態で洗濯機を使用しましょう。

アースの取り外し方は?

428e20c89de43c354c4d5c0ae44e3526_s

アースの取り外し方は以下の通りです。とても簡単なので引越しの際に自分で作業してみましょう。

  1. 電気コンセントの一番下にあるアース接続口のカバーをマイナスドライバーで開ける
  2. ネジが見えるのでマイナスドライバーで緩める
  3. アース線をゆっくり引っ張って取り外す

アース線を取り外したことがないとなんとなく怖いものですが、これによって感電することはありません。力も必要ないので女性でも簡単に作業できます。

アース接続口の形状は上記でご紹介したネジ式のタイプが一番普及していますが、最近ではアース線の差しみ口にあるつまみを上げるだけで取り外しができる簡単なタイプもあります。この場合はドライバーが不要なので作業も簡単です。

アースの取り付け方は?

4a938d9bb22632f83aa9f9b8f59c4d81_s

アース線の取り付け方は、取り外し方と逆のことをするだけなので難しいことはありません。マイナスドライバーを用意してチャレンジしてみましょう。

  1. アース接続口をマイナスドライバーで開ける
  2. ネジを緩める
  3. ネジが緩んだ隙間にアース線を差込み、ネジを締めてアース接続口を閉じる

アース線をネジで締めたら軽く引っ張って抜けないか確認しておきましょう。取り付けも簡単なのでドライバーさえあれば女性でも作業できます。

アース接続口にアース線を差し込んでつまみを下げるだけで接続出来るタイプはさらに作業が簡単です。時間もかからないので必ずアース線を取り付けるようにしましょう。

アース線の接続はやっておいて損はない!

a3a73ddba706859bf38a054164970bab_s

アース線を接続せずに電気製品を使っている方はとても多いものです。実際にはアース線未接続による事故はそれほど多くないのも事実です。しかし、必ず事故が起きない保証はどこにもありません。

アース線はあなたとあなたの大切な家を守るために存在しています。これを接続しないのは自分で危険を招いているのと同じことです。この点をしっかり理解しておきましょう。

ドライバーさえあればすぐにできるとても簡単な作業なのでやっておいて損はありません。万が一の事故が起こったら取り返しがつきませんので、必ずアース線を接続するようにしましょう。

【関連記事】洗濯機の引越し【元引越し屋が語る】激安方法もあり

関連記事